AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されています。

  • ホーム
  • 女性の薄毛は皮膚科で診てもらうべき

女性の薄毛は皮膚科で診てもらうべき

女性の薄毛は皮膚科で診て貰いましょう。女性の薄毛は男性の薄毛とは違いますので、どのような原因で薄毛になっているのか、原因をはっきりさせてから治療したほうが効果的だからです。
女性の薄毛で皮膚科での治療が有効な原因としては、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、頭皮湿疹などがあげられます。
診察を受けてみないと原因が分からず、有効な対策をとることができませんので受診をおすすめします。

髪は頭皮から生えていますので、頭皮にトラブルがあると薄毛の原因となります。
頭皮トラブルが薄毛の原因となっているときには、頭皮の症状を改善することで薄毛を改善に導くことができます。
皮膚科で受けられる治療としては、頭皮の炎症を抑えるための外用薬を使った治療が中心です。かゆみが強いなど状態によっては内服薬が処方される場合もあります。
皮膚科での診察を受けたら、医師の指導のもと、適切な治療を行うようにしましょう。

女性の薄毛には女性ホルモンの減少などが関係している場合もあります。女性ホルモンの減少などによる薄毛の場合には婦人科での治療が効果的です。
皮膚科で診察を受けて頭皮に問題がないのに薄毛に悩まされているときには、婦人科で相談してみるとよいです。
婦人科ではホルモンバランスの乱れを整えるような治療を受けることができます。ホルモン補充療法などによりホルモンバランスを整えることで女性の薄毛改善が期待できます。
皮膚科での診察や婦人科での診察を受けて治療を始めても思うように改善が見られない場合もあります。
髪を取り戻すには時間がかかりますのである程度、時間をかけるということも大切です。焦らずに治療を継続するように心がけましょう。

時間をかけても思うような結果がでないというときには、女性の薄毛を専門に診察しているクリニックを受診するという方法もあります。
皮膚科や婦人科を受診しても改善がみられないようなときには、女性の薄毛を専門にしているクリニックを検討してみるとよいです。

女性のピル服用と薄毛には関係があった?

女性のピル服用と薄毛には関係があります。それはピルが女性ホルモンに作用する薬だからです。
ピルにはエストロゲンやプロゲステロンなどの成分が含まれていて、服用することで妊娠したときと同じような状態にしていくことができます。
それにより生理をコントロールすることができるのですが、妊娠したときと同じ状態ですから、止めることで出産したときと似た状態になってしまいます。

ピルを服用している間は妊娠しているのと似ている状態ですから、女性ホルモンの影響によって髪は増える傾向になります。
しかし、服用を止めると急激に女性ホルモンが減少する状態を作ってしまいます。
出産後に起きる分娩後脱毛症と似た状態が作られてしまうことになり、抜け毛が増えてしまいます。急激に抜け毛が増えるため、女性の薄毛の原因となりえます。

ピル服用を止めることでホルモンバランスが一時的に崩れてしまいますが、時間の経過とともに女性ホルモンの分泌量は本来の量に戻っていきます。
そのため、ピルを止めたことによる薄毛は一時的な症状です。
本来の量に戻るのには個人差があり、数ヶ月で元に戻る方もいらっしゃいますが1年以上かかってしまう方もいらっしゃいます。
なかにはピルの服用を止めたタイミングで女性の薄毛原因である、びまん性脱毛症になってしまう方もいらっしゃいますので注意が必要です。

ピルの服用を止めた後、生活習慣に注意していても抜け毛がひどかったり、薄毛が気になったりしたときには病院で相談してみるとよいです。
皮膚科や婦人科で相談するという方法もありますが、効果的な治療が受けられるとは限りません。
満足のいく結果を得たいのであれば、女性の薄毛を専門に治療しているクリニックで相談してみるとよいです。