AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されています。

  • ホーム
  • 薬局と通販と病院処方、それぞれの育毛剤の違い

薬局と通販と病院処方、それぞれの育毛剤の違い

薄毛に気づいた場合、できるだけ早く対策を行うことが大切です。
薄毛対策といってもさまざまな方法がありますが、育毛剤によるケアは手軽に行えるということで人気が高くなっています。
育毛剤は薬局や通販、病院処方などさまざまな種類があります。それぞれの違いや特徴について知っておくと良いでしょう。

どこで購入しても同じ育毛剤という分類になりますが、市販と病院処方では根本的な違いがあります。
市販されている育毛剤は医薬部外品であり、病院で処方される育毛剤は医薬品となります。また、病院で処方してもらうためにはドクターからの処方箋が必要となります。

薬局などで市販されている育毛剤の場合、手軽に購入できるというメリットがあります。
薄毛で病院に行くのは恥ずかしいという人や病院に行くのは面倒だという人もいるかもしれません。そのような人でも市販の育毛剤なら簡単に手に入れることができるでしょう。
また、薬局などで市販されている育毛剤は医薬部外品に分類されるため、安全性が高いとされています。
病院処方のものより効果は低くなりますが、副作用のリスクがない育毛剤を使いたいという人におすすめです。

最近では通販の育毛剤も人気となっています。個人輸入を利用すれば海外の育毛剤なども手に入れることができるでしょう。
通販は自宅で手軽に注文できるというメリットがありますが、購入や使用に関しては自己責任となります。
通販の育毛剤はドクターの診断やアドバイスが受けられませんし、症状に合わせた育毛剤を見つけることが難しいかもしれません。
症状に合った商品を使わないと副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。また、実物を確認できないのでトラブルが発生してしまうこともあります。
ちなみに、個人輸入というのは処方箋なしで薬を購入する方法です。海外の医薬品の育毛剤を手に入れたい場合に便利な方法と言えるでしょう。

病院処方の育毛剤は市販の育毛剤よりも値段が高いことが多いです。
しかし、病院で診断を受けてから処方されることになるため、市販の育毛剤よりも高い効果が期待できるでしょう。
もちろん効果が高いということは副作用のリスクも高まります。病院で処方してもらった場合は副作用が出た時でもすぐに相談できるので安心感があります。

処方箋なしで薬を買ってもいいの?

個人輸入を利用すれば処方箋なしで医薬品の育毛剤を購入することができます。なぜ処方箋なしで薬を購入できるのか疑問に感じている人もいるでしょう。
基本的に国内で処方薬を購入するためにはドクターからの処方箋が必要になります。

処方箋というのはドクターが薬の服用方法や必要な量などを記載した書類のことです。その内容がしっかり書かれた書類を元に、薬剤師が薬を渡してくれることになります。
国内の法律では処方箋なしで薬を提供することが禁止されています。しかし、個人輸入を利用した場合は処方箋なしで薬を手に入れることができます。
処方箋はドクターが患者の使用する薬に対して責任を持つということです。そのため薬による副作用などが起こった場合はドクターに責任があることになります。
場合によっては重篤な副作用が発生してしまうこともありますし、病状に合わせた薬を処方してもらう必要があるでしょう。
ドクターは国家資格を持っていますし、豊富な知識を持っているので最適な薬を処方できるということです。

個人輸入の場合は個人で判断して購入することになります。
そのためドクターは関係ありませんし、患者が購入する薬に対して責任を持つ必要はないということです。
そのためわざわざ病院に行く必要がないですし、気軽に購入できるというメリットがあります。

しかし、個人輸入で医薬品の育毛剤を購入する場合、きちんと知識を身に着けてから購入した方が良いでしょう。
個人輸入代行サイトは個人に医薬品を販売するサービスではありませんし、あくまで個人に輸入の手伝いをするサービスです。
処方箋なしで必要な薬を購入できるのが個人輸入の特徴であり、これはメリットにもデメリットにもなります。
国内の法律では個人的な利用に限り、医薬品の輸入が認められています。そのため認可されている量は原則として2ヶ月分未満となっています。