AGAは放っておけばどんどん進行していきます。深刻な薄毛の悩みを改善するにはAGA治療薬のプロペシアという薬があります。今ではジェネリック医薬品も販売されています。

  • ホーム
  • 頭皮のかゆみを抑えるには頭皮の乾燥を防ごう

頭皮のかゆみを抑えるには頭皮の乾燥を防ごう

あなたは頭皮のかゆみに悩んだことはありますか。頭皮のかゆみで困っている人の多くは、毎日髪を洗って清潔に保っているはずなのに、どうしてかゆくなるんだろうと不思議に思っているようです。
しかし、頭皮がかゆくなるのは、髪の洗いすぎが原因かもしれません。

頭皮のかゆみの主な原因は、頭皮が乾燥することにあります。
例えば、刺激物の入ったシャンプーを使って毎日、髪を洗っていると、過剰に頭皮の皮脂を奪ってしまいます。
ゴシゴシと力を入れたり、爪を立てての洗髪は、頭皮の角質層を痛めてしまいます。すると、頭皮のバリア機能が低下し、より乾燥しやすくなってしまうのです。
また、洗髪の際のお湯の温度設定にも気をつけましょう。これは、ドライヤーの使いすぎにもいえることですが、頭皮を高温にさらす行為は、乾燥を悪化させてしまいます。

また、紫外線の浴びすぎにも注意が必要です。紫外線は、乾燥の原因にもなりますし、肌を老化させる原因にもなります。
老化した肌は、本来の瑞々しさを失わせてしまいます。外出の時は、帽子をかぶるなどで対処すると良いでしょう。
もうひとつ、乾燥の原因として考えられるのは、加齢によるものです。残念ながら、私たちの肌は、加齢とともに皮脂の分泌が減少してしまいます。
40代前後になると、顔の皺が増えたり、ホウレイ線が目立ってきたりするのも、この肌の乾燥が原因のひとつとなっています。

では、乾燥を防ぐために、私たちができることを見ていきましょう。一番簡単なのは、使用するシャンプーなどの成分をよく調べてみることです。
なるべく、刺激物の入っていないオーガニックの製品の使用をおすすめします。
それと同時に、洗い方にも気をつけましょう。泡で洗うようなイメージで、優しく洗髪するようにします。

もうひとつ大切なのは、老化現象への対策法とも言えることですが、生活習慣を見直してみることです。
乾燥を防ぐためには、身体の新陳代謝を上げることが重要になってきます。食生活の見直しなども有効です。

乾燥以外の原因と対策方法と予防法

では、乾燥以外で、頭皮のかゆみの原因となるのは、どんなことが挙げられるでしょうか。

頭皮にできる湿疹
湿疹ができる原因はいくつかありますが、皮脂の過剰分泌によるものが多いようです。これの対策法として一番良いのは、やはり、毎日の洗髪で、頭皮を清潔に保つことでしょう。
皮脂欠乏性湿疹
これは先程の、肌が乾燥した状態によりおこるもので、敏感肌の人に多い症状です。フケがたくさん出るのもこのタイプです。予防としては、洗髪の回数を減らして、頭皮への負担を減らすことや、髪を洗った後に、頭皮にローションを刷り込ませて、肌の乾燥を防いであげるのが効果的です。
アトピー体質によるかゆみ、アレルギー反応
この場合は、シャンプーを始め、ヘアケア剤全般を一度見直してみる必要があるでしょう。とにかく、自分の肌に合わないものを除外するのが一番の対策法です。

このように、フケや湿疹など、見た目に分かりやすいものであれば、予防も比較的し易いのですが、やっかいなのは、精神的な要因が引き起こすタイプのものです。
このような場合は、原因の特定が難しいため、それに対処するのも簡単ではありません。
ただし精神的に参っていたり、疲れが溜まっていたりすると、身体の様々な不調の原因ともなりますので、普段から、意識的に心身ともに健康的でいられるようにすることが大切になってきます。
忙しい中でも、意識的に少し休むことや、好きなことをする時間を作る努力をするなどして、自分を労わってあげることが大切です。
もうひとつ、健康的な生活習慣を心がけることも忘れてはいけません。